ダイカスト金型製造

15t〜800tクラスの金型を、月5〜20型製造可能な設備を完備しています。

ダイカスト部品製造

信頼できる鋳造メーカーと連携し、試作品設計から量産鋳造部品、後加工、塗装など、高品質なダイカスト製品をご提供。製造コストを抑え、安定した品質を維持するための製造方法を積極的にご提案いたします。

金型設計

製品設計

金型設計

金型製図

流動解析

図面やサンプルのもと、素材図・型レイアウト図から作成し、
3Dモデリングを用いた金型説計、必要に応じて湯流れ流動解析を行います。

プログラミング

設計者としての使命

頻繁な破損などによる、型構造に起因する生産停止を未然に防ぐことはもちろん、コスト改善につながるよう、歩留まりを向上させ、鋳造しやすく寿命の長い金型設計を行っています。

設計者と製造者との綿密な打合せを徹底

金型工場では、製造工程の中に設計室を配置しています。設計の初期段階から、製造過程を経て最終段階に至るまで、設計者と各製造スタッフが綿密な打合せを徹底して行うことでリードタイム短縮を狙い、短期間での高品質な金型製造を実現しています。

安定した鋳造に自信あり

金型製造における第一の使命は、安定した鋳造を長期にわたり維持することです。金型の質は湯回り方案によって大きく左右されます。鋳造時の湯回りや凝固状態を精度よく予測し、製品の不良率が低く、常にベストな製品を鋳造するための最適な方法をご提案します。

金型製造

マシニング加工

ワイヤー加工

フライス加工

放電加工

磨き

すりあわせ

組立

 

金型製造のこだわり

  1. 後工程の負担を軽減する設計を提案し、製品のトータルコストを抑えます
  2. 精度の高い設計で鋳造後の後処理(バリ除去など)の負担を軽減します
  3. 初回鋳造仕打ち時に一発合格となる精度まで仕上げます
  4. 短納期(他社より1週間〜10日程度早いと評価をいただいております)
  5. 量産開始後も長期間安定した鋳造ができる寿命の長い金型をご提供します

 

累計製造数4000型の製造実績

弊社の金型工場には、マシニング、放電、ワイヤー、研磨機等金型製造に必要な設備が全て揃いますので、スムーズに短納期で加工することができます。

・他社設計で2000tクラスの鋳造マシンを予定していた案件→当社の設計提案で1100tの鋳造マシンにて鋳造し、製品コストを抑えた実績あり

移管金型も承ります

金型の設計や製造方法、製造技術が違えば、鋳造製品の仕上がり具合も違ってきます。鋳造製品の仕上がり具合は、後工程にも影響し結果的にはコストに関わってきます。

  • そろそろ型の更新が必要
  • 現在の鋳造工場での取引継続が困難
  • 鋳造製品の不良率が高い
  • 金型の設計変更やメンテナンスが必要

など、他社製の金型や鋳造品について気になることがあればお気軽にご相談下さい。直接お客様のご要望をお聞きし、細やかに対応いたします。

機器配置図

machine_layout

設備一覧

名称台数メーカー名品番
3D/2D CAD3ソリッドワークスジャパンSolid Works
3D/2D融合型CADシステム4AUTODESKAUTOCAD
3D CAD/CAM1グラフィックCAM Tools 2015
3D CAM1セスクワWork NC
マシニングセンター1OKKMCV-560
ワイヤー放電加工機1ソディックAQ327LH
ワイヤー放電加工機1ソディックAQ750LH
NCフライス盤2牧野フライスKSJP
NC平面研削機1日立ビアエンジGHL-B506NS
ボール盤1吉田機械YGD-900G
ラジアルボール盤1オガワHOR-D1600
NC放電加工機2ソディックA50R-MARK-21
NC放電加工機1ソディックAQ75
グラファイト電極加工機1碌々産業HC-658
CNCジグボーラー1安田機械YBM950V
立形マシニングセンタ1牧野フライスV56i
立形マシニングセンタ1OKKGR400
フライス盤2山崎技研YZ-320NC,YZ8CR