ジャンカラ ディープ布施店とのコラボレーションルームがオープン

2022-06-23

カラオケボックスチェーンのジャンボカラオケ広場(ジャンカラ)の新店舗「ディープ布施店」が2022年6月24日(金)にオープンいたします。

今回、その「ディープ布施店」の1室を、現代アート作家・空間デザイナーの桑山真弓氏と弊社・SEIKOSCMがコラボレーションし、空間プロデュースいたしました。

 

ディープ布施店とは?

「ジャンカラ ディープ布施店」が位置する東大阪の布施(ふせ)のまちや商店街などをイメージしたコンセプトの地域に根ざした店舗。

ジャンカラはこれまでに、コンセプトルームなど店舗ごとに特徴を持たせ、京都大学とコラボレーションした「ジャジャーンカラ 京大BOX店」などをオープン。

今回の「ディープ布施店」も、地域に根ざした店舗として他のどの店舗とも異なる独自の空間を持つカラオケルームととなっている。

カラオケルームは部屋ごとでコンセプトが異なるので、入店する度に様々なカラオケルームの空間を楽しむことができる。

また、店舗の中には「カラオケ喫茶 ディープ」というオープンスペースを設け、カウンターでアルコールを楽しみながら歌を楽しむことができる。

 

●「ジャンカラ ディープ布施店」詳細

https://jankara.ne.jp/open/230/

【map】〒577-0056 大阪府東大阪市長堂1丁目2−1 B1〜1F A+FUSEビル

 

●プレスリリース 「ジャンカラ 「ディープ布施店」 6/24グランドオープン!」

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000225.000017032.html

 

 

 

Be in Nature ルーム

現代アート作家・空間デザイナーの桑山真弓氏と弊社・SEIKOSCMがコラボレーションした「Be in Nature ルーム」。

桑山氏による壁画と、弊社の照明ブランド「NEEL」のプロダクト「PLATREE」が空間に自然(Nature)を創造します。

「自然の一部を空間に」というコンセプトの「PLATREE」。

「Be in Nature ルーム」は、自分自身も自然の一部であること(=Be in Nature)を感じられるような空間となっています。

 

町工場×ジャンカラ Interview

今回、「ジャンカラ ディープ布施店」の空間プロデュースを担当するにあたり、

桑山氏と、弊社代表の草場寛子がインタビューを受けさせていただきました。

「Be in Nature ルーム」についてのコンセプトや自身の活動への思いについてお話しさせていただいておりますので、

そちらも併せてご確認ください。

 

●町工場×ジャンカラ Be in Nature ルーム(盛光SCM、桑山真弓氏 コラボ)

https://jankara.ne.jp/room/230/seiko-scm/