LIVING & DESIGN

2015-10-27

年季の入ったずっしりした佇まいのヘルメット。

戦前のもの?と見紛うが、実は人工の塗料によるもの。

金属粉の特殊塗料の上から、錆加工を施してある。

 

 これは、先日大阪南港で開催されていた

LIVING & DESIGN(国際見本市)で見つけた塗料の製品サンプル。

どんな素材も一吹きで様々な金属の肌に。

~風。というのではなく、かなりリアルでクオリティの高い仕上がり。

手に取ったときの意表を突く軽さも魅力。

 

こんな高度な再現性を持った表面加工によって、安価な素材に付加価値与えることができる。

この再現技術が極まっていく程に、イミテーションの素材でつくられたものと

本物の価値とが近付いていく。

その流れを楽しみつつも、やっぱり本物を大事にしたものをつくりたい。

そんな時代にいるなと思う。