工場の祭典

2015-10-06

10月1日〜4日に開催された 新潟・燕三条「工場の祭典」。

わたしたちも、製造の現場スタッフを含む11名のメンバーで行ってきました。

 

今年は最多の68社が参加した盛大な祭典でした。

日本一社長の多い工場の町は、時代に則して形を変えながら、

地域に根付いたものづくりの維持と新たな発信の場として、賑わいを見せ続けています。

同じ工場の町として、大きな衝撃を受けて帰って来ました。

 

 

世界に誇る爪切りブランド「諏訪田製作所」さん

諏訪田製作所

工場内は機械もユニフォームもモノトーンで統一されていて、

作業されている姿が際立って見えます。

IMG_1167

kuro

工場の向かいに併設されたショップでは、実際に爪切りを使って

みることができます。

 IMG_1185

テラスでコーヒーも飲めます。

 image1

 

三条特殊鋳工所 /「サントクさん」の 鋳物ホーロー鍋。

鍋にする鉄を溶かしているところ。

水よりもサラサラの鉄が流れ込む光景は圧巻。

nabe

 

吉金製作所 / 山谷産業さんの包丁。

その場で入れて貰う美しい刻印に全てが現れています。

IMG_1071

 

カリスマ美容師鋏を製作されている「山村製作所」さんの鍛造風景。

ドーン!と11層に重ねられた真っ赤な鋼板が流れてきます。

IMG_1004

幾つもの機械工程を経て、最後は手仕事で仕上げます。

これはどの工場にも共通しています。

時代が変わっていっても、無くすことの出来ない部分です。

IMG_1044

 

から絞り!「時田工場」さん

IMG_1009

 

無形文化財工房の「玉川堂」さん。

一枚の円盤状の銅板を叩いて注ぎ口まで形を作り出していきます。

IMG_1081

yakan

まだまだ見応えのある工場はたくさんありました。

2日ではとても回りきれません!

 

ちょうど2日は、金型の森田部長のお誕生日!

みんなで寄せ書きして新潟のお米をプレゼント。

IMG_1015

沢山の職人さんの思いの詰まった祭典は、とても濃くて味わい深い旅となりました。

作るものは違えど、ものづくりにかける思いは同じです。

同じものづくりの町、東大阪の工場として

負けじと頑張っていこう!!と、朝の報告会は決起集会となりました。

 

IMG_3508

また来年も足を運びたいと思います。