ごあいさつ

1961年に創業した弊社は、大量生産の時代のニーズに応えようと、東大阪を中心とする協力工場様と共に、板金加工工場・組立工場・ダイカスト金型工場へと事業拡大しながら、ダイカスト部品や照明器具を中心とする「ものづくり」に専念してきました。

私たち盛光SCMの使命は、初代・先代社長が人生をかけて創り上げてきた「ものづくり力」にさらに磨きをかけ、付加価値の高いこだわりのある製品づくりを守り、メイド・イン・ジャパンの価値を未来に引き継いでいくことだと考えております。

また、社員たちが自信と情熱を持ち、家族に誇れる仕事ができる環境づくりや、「ものづくりの町・東大阪」が活気溢れる町であり続けるために貢献することも、私たちの企業活動の大きな目的です。

それらの実現のためには、過去の経験にとらわれず、いま求められているニーズに柔軟に対応しながら、スピード感を持って企業変革していかなくてはなりません。その一方で、どんなに時代の流れや状況が変化しようとも、決して流されない「一筋の心」も持ち続けていたいと願っています。

「変わること」、「変わらずにいること」を貫き、日本が誇るものづくり力を世界へ発信することを目指して、今後も皆様のお力をお借りしながら、スタッフ一同一丸となって日々精進して参る所存でございます。引き続き、ご指導ご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。

2019年3月

株式会社盛光SCM
代表取締役 草場 寛子